ごあいさつ

ごあいさつ

松峰会 理事長あいさつ

子どもからお年寄りまでが住み慣れた地域でいつまでも元気に暮らせる福祉の実現をめざして 子どもからお年寄りまでが住み慣れた地域でいつまでも元気に暮らせる福祉の実現をめざして

当法人は、平成20年10月の法人設立から、平成22年4月より地域の介護問題解決の一翼を担うべく松戸市初の地域密着型特別養護老人ホームの設立をしてきました。その後、平成25年4月には地域の保育園問題の解決のため保育園を開園し、その時、その時代の福祉に関する問題に取り組んできました。

その背景には、当法人として、子どもからお年寄りまでが住み慣れた地域でいつまでも元気に暮らせる福祉の実現をめざしているからです。

しかし、それを実現するためには、現在の多様化する福祉ニーズに対して、当法人の力だけでは困難なものも多く、今後の福祉の問題は、地域とともに、「地域の問題は地域で解決していく」という考えのもと、「地域の理解と協力」なくしては、解決できないと考えています。

まず当法人として出来ることは、福祉に関する「地域のよりどころ」となる法人並びに施設作りにほかなりません。

このような法人の取り組みが、法人にかかわるすべての人に笑顔という名の花を多く咲かせることのできるよう法人経営並びにサービス提供を実現してまいります。

今後ともご指導ご鞭撻の程何卒宜しくお願い申し上げます。

社会福祉法人松峰会
理事長 石井 峰夫

松峰苑 施設長あいさつ

今求められているもの・・・ 今求められているもの・・・

特別養護老人ホーム松峰苑 施設長 石井 峰義 当施設は、平成22年4月1日に松戸市初となる地域密着型特別養護老人ホームとして誕生しました。

当施設の理念は、「思いやりの心の介護の実践」であり、相手を「思いやる心」から相手を大切に思い、慈しみ、相手のために行動する。そのような「心」を福祉活動の源としています。
しかし、介護の現状を見てみると、介護にまつわる悲しい事故や事件が起こっています。

このような現状から、今福祉人に求められているものは、人とのつながりであり、相手に対する「思い」や「心」ではないかと考えます。

当施設では、地域並びに人との「つながり」を大切にし、相手に対する「思いやりの心」をもち多くの「笑顔」を引き出せるそんな福祉サービスの実現に努めていきます。

今後とも当施設へのご指導ご鞭撻の程何卒宜しくお願い申し上げます。

特別養護老人ホーム松峰苑
施設長 石井 峰義

トップへ